ボギー映画紹介

殴られる男(1956年)

旧ブログで14回に渡って紹介したこのシリーズも今回でおしまい。
私も何気なくTSUTAYAで借りたのですが、これがボギーの遺作とは知りませんでした。

要約すると、「ボクシングはやらせ」「ファイトマネーは恐ろしいぐらいにピンハネされる」という内容です。
よくこんなのが世に出せたよなぁ、と思ってしまう映画です。

今は落ちぶれた記者エディが、マフィアのボスから八百長ボクシングの儲け話に乗っかかり、足を踏み入れるのですが、あまりの酷い現状に嫌気がさし、自分のギャラをボクサーに渡してこの世界から足を洗う、というストーリーです。

ボギーはハードボイルドでもあり、優しい一面もあり、不思議な感じですね。

以上、全15回に渡ってご紹介した「ボギー映画紹介」はおしまいです。

♪ボギー、ボギー、あんたの時代はよかった~

次元大介もボギーファンでしたが、私もボギーファンです。そんな私が独断と偏見でコラムを書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

最後に、ボギーの名セリフでお別れしましょう。

君の瞳に乾杯!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です