ジミー映画紹介

理由なき反抗(1955年)

ジミーの2回目の主演作ですが、公開前に他界したため、彼自身がこの作品の評価を聞くことはありませんでした。

私はジミーの主演作の中では最も好きな作品です。

リーバイスのCMでも流れましたが、「チキン・ラン」という断崖に向けて自動車を走らせる度胸試しゲームは、私達に強烈なインパクトを与えました。

ニコラス・レイが原作&監督、共演はヒロインにナタリー・ウッド、友人役に猿峰男、じゃなかったサル・ミネオ(また駄洒落です)が好演しています。また、若かりし日のデニス・ホッパーも出演しています。

1955年の9月30日、自動車事故でジミーがこの世を去ったのは有名です。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の舞台が1955年ですが、この年のアメリカは、いろんなことがありました。

3月 映画「暴力教室」公開。

7月 アナハイムにディズニーランドが開園。

8月 ボストンで「ミスタードーナッツ」がオープン。

10月1日 ザ・プラターズが「オンリー・ユー」でデビュー。

10月4日 ブルックリン・ドジャースがワールドシリーズ初優勝。

とまぁ、こんなところです。

話題が飛んですみません。来週はモア・ベターよ♪(ジミーの大ファンだった小森のおばちゃまの名台詞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です