第6回全国中等学校野球優勝大会

病を押して

夏の高校野球が100年を迎え、今年は開幕式で第1回出場校の生徒たちが当時のユニフォームを着て行進するという粋な演出がありましたね。

毎日のように熱戦が繰り広げられていますが、95年前の大会を振り返ってみましょう。

地元兵庫県は関西学院中が代表権を獲得したため、前年度優勝の神戸一中が開会式で入場行進できないということが初めて起きたのがこの大会でした。また、この大会が初めて開会式が雨天順延になった回でもありました。

関西学院中は準決勝と決勝で打線が爆発し、いずれも二桁得点、特に決勝では第2回優勝校の慶應普通部を17対0で下すという圧倒的強さを見せつけました。

この関西学院のマウンドを守ったのが沢昇投手でしたが、肋膜炎を患っており、高熱を押しての登板でした。
また、鳥取中(現鳥取西高)の坂本浩三捕手も強度の脚気に苦しみ、歩くこともままならない状態でした。
準決勝の関西学院戦では、その関西学院側から「坂本選手の打席は代走が走っても良いですよ。」と特別ルールの申出がありました。坂本選手は第一打席で死球退場したので代走の場面はなかったのですが、大会後、選手の健康証明書を義務づけることが決まりました。

優勝投手の沢選手は翌年お亡くなりになったとのことです。

選手の健康管理も大会出場には大きな課題であることを認識させられた大会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です